長い歴史のあるドラゴンボールですがその中で私たちが知らない裏の設定がいくつかあります。子供のときは特に気になりませんでしたが、そこには大人の事情も隠されています。

スカウター

ブルマが作成してスカウターで戦闘能力を測るが一時期あたりまえの作業になりました。ちなみに農民の数値は戦闘力5。ヤムチャは8。

フリーザーの戦闘能力

登場時の戦闘能力は53万です。ヤムチャの5と比べると、修行でどうにかなるレベルではありません。

こういった戦闘能力は、当時流行っていたドラゴンクエストなどのRPGゲームの影響が強いです。力を数値化することで新しい敵の強さを表し絶望感を感じさせます。しかし、界王拳の登場や神の登場により数値だけで表す意味が薄れてきたため、この設定はボツになりました。